読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くるっとちゃきちゃき

一度だって交わることのないこの世界。

リセット

私に何か出来ただろうか。無駄な時間じゃなかっただろうか。ほんの少しでも傷つけてしまったなら、すごくすごく悲しい。眠れなくて、涙が止まらなくて、立ち上がれば朦朧とする。

助けて。助けてください。

 

手を差し伸べてくれる人はもういない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだまだ気持ちの整理はつかなくて、涙が止まらなくて。気持ちの掃き溜めがほしくて。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

携帯だって、もうただの箱になってしまった。貴方からの連絡がこないこの箱は、音を鳴らすたび期待をさせてくる。いちいち期待をしてしまうのは、やっぱり望んでいるからなんだろうなあ。

どこまでも頭が悪い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴールデンウィークは嫌い。お盆も嫌い。年末年始は大嫌い。きっとこれからもなのかなぁ。

前を向きたいと思っていたけど、前がどこなのかわからない。全方角が真っ暗で、怖くて立ち上がれない。

想像の何倍も何倍もくるしい。心が壊れてしまいそう。こんなにも、こんなにも大きな存在だったなんて。失ってからじゃないと気づけないなんて。

手に入ることなんかなかったのにね。

それでも隣にいたかったし、隣にいたいし、私が幸せにしたかった。

だってだって、大好きなんだもん。

 

 

 

 

 

嬉しいときのとびきりの笑顔も、唯一見せてくれたという涙も、冗談で拗ねる顔も、紳士を装う顔も、真っ直ぐ見つめてくる大好きな目も、

美味しそうにご飯を食べるところも、左利きのところも、コーヒーにミルクと砂糖入れるところも、お腹が弱くて冷たいものがあまり食べられないくせにキンキンのビールが大好きなところも、食べるものに迷うとすぐお蕎麦屋さんにするところも、石投げが上手なところも、3ヶ月前の石を必死で探しているところも、水族館で魚たちを眺める横顔も、プールで転覆させようとしてくるところも、景色が綺麗なとこでも結構すぐに帰ろうとするところも、私が変なことしても全部喜ぶところも、チューしてほしいなと思ったときにしてくれるところも、ベッドでも車でも速攻で寝てしまうところも、帰り道に手を繋いでくれることも、私がどんなこと言っても何をしても絶対怒らないところも、back numberを歌うその声も、私の頭を撫でてくれるその手も、やっぱりちょっと筋肉質で男らしい体も、私の名前を呼ぶその口も。全てが忘れられない宝物だよ。たくさんの宝物をありがとう。

もう、私と貴方で時間を刻むことはないんだと思うとやっぱりどうしようもなく苦しいよ。

貴方に幸せでいてほしいし、だから私も頑張る。

 

でも、まだ今は貴方を想っていたいんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やたら喉が乾くのは、涙と鼻水が止まらないからなんだろうか。

 

バカだから、この気持ちがまだまだ止まらないよ。鬱陶しいなー私!笑

今日も明日もずーーーーーーーーーっと大好きよ!誰よりも!

 

 

アイス食べる!