くるっとちゃきちゃき

一度だって交わることのないこの世界。

リフレイン

イムリミットを刻んでいた頃、"これ以上つらい思いをすることはないだろう"と思っていた私に、伝えたい。

その感情はずっと終わらないのよ、と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

色んな耐性がついたとは思う。良くも悪くも、人間、慣れるものだから。

それは私だけじゃなくて、彼もきっと同じ。

あれだけ嫌だと嘆いていた生活も、きっと慣れて。慣れるために、比較する思い出の記憶は自然に薄れていくものなんだろう。

 

こんな今が、未来が、欲しくて生きてきたわけじゃないのにな。

 

 

 

 

 

 

 

 

想像していたよりもずっと、今の私には、新たに愛する人を探さなきゃならないというのは難しい。

自然に待てばいいよと言われるかもしれないけれど。それを続けた結果、結婚出来てない人がたくさんいるという事実が、私はすごくすごく恐ろしい。失礼なんだけどね。

同じように努力を重ねてきたように見えるのに。

心から愛する人と生きたいという願いが、あまりにも遠すぎて、怖くて怖くて。

まだこれ以上、傷つかなくてはいけませんか?

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

色んなことを、気づいたら勝手に思い出している私がいる。貴方が覚えていないことまで、私の頭の中にはたくさんの思い出がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頭がポーッとして辛かったあの日、"1番大切な人と、別れることはしない"と言ったときの彼の表情と、声と、こびりついて離れない。

きっと、一生。

そんな言い方で、私の1番大切な人に拒絶されたという、紛れも無い事実。

 

心が割れる音が聞こえました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何事にも理解のあるふりをして、大丈夫だよと頷いて。なるべく笑顔で、核心には触れず。私から求めることはしないで、彼の都合のいいタイミングだけを待って。

 

なりきれなくて、ごめんなさい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近はよく、怖い夢を見る。内容は様々だけど、目覚めてしまうほど怖い夢。

今日はぐっすり眠れますように。

 

 

 

 

 

 

こらえたー涙こーぼれーおちて

風につつまれてーいたー。

あの日の僕たちはー

素直になれなくてー。

広告を非表示にする