読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くるっとちゃきちゃき

一度だって交わることのないこの世界。

ありがとう

突然ですが、で始まるその1ページに、浅田真央さんのフィギュアスケート人生引退の文章が綴られていた。

 

その通り、あまりにも唐突で。

 

本当にやってきてしまったんだな、この時が。いつかは来ると分かっている時、アスリートに必ず訪れる機会。

 

真央ちゃんのことも、演技も、プログラムも、語りたいことはたくさんあるのに、うまく言葉が出てこない。

 

泣いても泣いても埋まらないこの寂しさは、やっぱりほかの何かに代わるものではないんだろうな。人は誰も違うけど、浅田真央さんは唯一無二の存在。ずっとずっと、そう思ってる。

ありがとう。

真央ちゃんのスケートを見ることができる時代に生まれて幸せです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この春は、やはり寂しいことが多い。

試されてるのかな。

私、そんなに強くないから、きっとすぐに挫折してしまいそう。あんなに強い人たちを、ずっと見ているのに。いつまでも弱いままの自分が情けない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

突然の別れと、突然ではない別れと、どちらが辛いんだろうな。

 

いつだって、別れが怖くて出会いを避けてきたのに、だから、私は遠いところを見ているのが好きだったのに、やっぱり悲しくて苦しくて、寂しい。

 

そこで時が止まってしまっているという事実は、何度見ても胸が苦しくなる。

自分の無力さに泣けてくる。まだまだ鮮明な記憶たちに切なくなる。でも、これは代償。我慢するしかない。我慢、我慢。

深呼吸。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ありがとう。

これからの人生は、好きなように、思うように幸せで生きてくれますように。

誰よりも挑み続けて、愛され続けた彼女と、

私の世界で1番愛おしい貴方へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

辛くて悲しい夜は嫌い。

良い夢が見られますように。明日は今日より、強くいられますように。