読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くるっとちゃきちゃき

一度だって交わることのないこの世界。

上げ下げ

いよいよここまできて、もう感情のコントロールは効かない。浮かれて幸せだと思えば、ふとしたことで奈落の底まで突き落とされた気分になる。

根本的に恋愛が苦手だなと思う真冬の寒でございます。誰かを愛することも、誰かに愛されることも得意じゃない。裏切られて、傷ついて、そんなことが多い人生なように思うから、怖い。これ以上自信をなくすのが。

 

弱いのはいつだって私のほう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2月です。節分を終え、春への準備が始まる時期に。と言っても、寒さはまだまだ衰えず、春は遠いのではと感じてしまうほど。

でも、近づいてる。すぐそこまで。

来ないでって思ってたのにな。季節は嘘をつかないな。そりゃそっか。

 

 

 

 

 

 

 

 

薄々気づいてはいる。これは依存に近いものだと。怖いなぁ。自分が壊れていくのがわかる。怖い。とても。焦がれる。届かないから焦がれる。きっとそんな要素も大きいのかもしれない。

それでも、今私はこんなにも好きだ。

こんなにも。こんなにも。

どのみち通っても何しても思い出す、世界で1番愛おしい貴方。

笑った顔が大好きなんだ。

前、私に言ってくれた。笑顔を独り占めしたいって。他の奴に見せたくないって。

私も同じだ。笑顔を独り占めしたい。私だけのものにしたい。

 

これも、互いに叶わぬ願いだから、焦がれるのだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ごめんごめん、ありがとう、ごめん くらいの、バランスになる危険性は少し高めだけど許してよ。

…許すよ。大好きだ、バカヤロウ。