読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くるっとちゃきちゃき

一度だって交わることのないこの世界。

曇天

昨日は、気持ちのいい晴天だった。冬らしく空が遠い、私の大好きな空だった。寒かったけど、澄み切っていた。どこまでも見えてしまう青空だった。

今日は曇っている。私の心のように。寒いので、コタツから出られない。やる気が起きない。無気力。

日曜日ってなんだか、こんな感じ。

 

 

 

 

 

 

 

珍しく彼から話を振ってきた。考えたくないことを。やめてよ。もうやめて、ズルイよ。酷いよ。嬉しいよ。嬉しいに決まってるじゃない。だからこそ、傷つくの。全てが虚構の私たちの世界で、こんなにも嬉しいことはなんの意味も持たなくて、ジワジワと私を苦しめる材料になることが、悲しくて、ただただつらいよ。

素直に受け取れる関係であれたら、なんて、何度望んでも、きっと、どこの世界でも叶わない のだ。全部全部分かっている私は何なのだろう。世間から見たら、ただの悪女なんだろうか。

 

日付が変わって、逃げるように家の中に駆け込んで、そっと胸をなで下ろす。そして、崩れ落ちるように取り乱して泣く、惨めな私。だって、あと少しで彼の前で泣いてしまうところだった。泣くわけにいかないんだもの。

本当は泣いてしまいたい。離さないでよと、そばにいたいよと、全部さらけ出して泣いた方が楽だよと思う。でも、そんなことをしたら彼が苦しむ。だから私は泣かない。でも、もう意識とは関係のないところでさえ涙が溢れるようになった今は、時間の問題かもしれないな。泣きたいよ。思いっきり泣いてやりたいよ。

心のなかの、弱くて寂しがりやの私が、痛ましく泣いている。

助けて、と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世の中にこれだけの人がいて、その大抵の人が、大人になって結婚して家庭を築くなんて、奇跡としか思えない。昔はそうなるものだと思ってたのは、自分もそんな奇跡から誕生して、周りの友達やその家族を見てきたから、そうなるのが当たり前だと思ったんだろう。

そんな明るい未来、これっぽっちも想像できやしないよ。出会って、恋をして、結ばれて、同じ方向を見て、生きていく。なんという奇跡。

私にはその奇跡を望む権利すらない。

 

それでもね、やっぱり、幸せになりたいんだよ。誰のためじゃなく、私自身のために。

 

 

 

 

 

 

 

曇天だった、心は泣いていた。土砂降りの後の晴れ渡り澄み切った空のように、明日は少しでも吹っ切れた1日になりますよう。なるべく、笑っていられますように。

明日は美味しいコーヒーを淹れよう。