読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くるっとちゃきちゃき

一度だって交わることのないこの世界。

サヨナラバス

予定時刻は6時 あとわずかで僕らは別々の道。

君は僕の少し後ろ、涙ぐんで下を向いて歩く。

やるせない思いだけで、石ころ蹴飛ばしてみても。

いつからなんだろう、互いに素直になれぬまま

大切に思うほど、大事なことが言えなくなって。

サヨナラバスはもうすぐ君を迎えにきて、僕の知ることのできない明日へ、君を連れ去っていく。

 

 

 

 

 

 

なんだか一気に寒くなって、体調を崩したちるです。

もうすぐGPSだね。

リーグも時期だね。

今年はNHK杯行かないです。全日本は行く予定。年末は全日本。全日本行かないと年は越せない。

真央さんのリチュアルダンス、好みすぎてぞわぞわしてまう。

真央さんの思うようなシーズンが過ごせますように。祈るだけ。願うだけ。

結弦くん大丈夫かなぁ。

私はどっちのプログラムも好きだけど、やっぱ後半の方が仕上がってくるのだろうなぁ。

行きたいなぁ、ヘルシンキ

…行けないなぁ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぽつりぽつり、呟くようにこれまでを振り返る。無駄に、本当に無駄に記憶力のいい私は、全てを鮮明に振り返ることが出来た。

いつもは、私が勝手に思い出すだけ。その時のいろんな情景、自分の気持ち、自分の記憶の中だけのもの。

でも、貴方の口から、貴方の声で語られると、やはりこの人と同じ時間を過ごしていたことを実感させられるし、より、もっと鮮明になる。

 

あの時はこうだったね。

いつも蕎麦ばっかり食べていたね。

話しが合って、心地の良い存在だった。

 

貴方の口から語られる私は、なんだか私じゃないみたいに素敵な女の子だった。

私はきっとそんなのじゃない。もっと汚いのに。そんな部分も全部見せてきたのに。

それでも私のことをそんな風に言う。

…それでも、こんな風に突き放す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は初めから知っていたのかもしれない。貴方がとても狡いひとだと。でもそれでも欲しかった。どうしても、欲しかった。私、なにも持ってないから。どんなに手を伸ばしても、どんなに泣いて、もがいて、苦しんでも、手に入らない貴方を、何も持ってない私は欲しがった。

欲張りが過ぎた。

私に届くひとじゃなかった。

 

 

 

 

1年間でたくさん知ってしまった。

たくさん、知られてしまった。

それでも、サヨナラバスが迎えにくる。貴方を迎えに来る。

どうせ、何したって迎えに来るって分かっていたのに、知り過ぎたし、知られ過ぎた。

それもきっと、お互い望んでしまったこと。

もっともっと、深みにはまっていく。

ボロボロになる。

分かってた。全部、分かってたはずなのになぁ。

 

 

 

どこへ行っても思い出すよ。

そんなの、私も同じだよ。

でも、しょうがないじゃん。2人が望んだんだから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人の心は弱い、脆い。

1人では生きていけない。

よく分かった。

よく分かった。

 

 

 

次は、私も言う。

まだこれ以上、人って傷つくことが出来るのかな?分からないけど。

言いたいことは全部言いたい。

言い残しの後悔はしたくない。

 

 

 

 

そんな感じでセカンドシーズンです。

 

 

 

 

 

強くなろう、強くなりたい。

全日本選手権のありがたさったらない。

 

 

 

サヨナラバスよ、どうか、来ないでくれないか?

やっぱり君が好きなんだ!!