読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くるっとちゃきちゃき

一度だって交わることのないこの世界。

慣れないこと

日常 フィギュアスケート バレーボール 羽生結弦
すると良くないよね。この間久々にカラコンしたら目が痛すぎて苦痛でしかなかった。目が良くないのでカラコンする時はいつでも取れるようにメガネ持ち歩こう。またひとつ賢くなった!

世間様はシルバーウィーク。私は仕事だけれど。そしてなんだか毎週土日遠出をしていて忙しい。嬉しい楽しいけどね、困っちゃう!掃除できない。

男子バレーの盛り上がり方が凄いね。あんなに空席があったのに気づいたらあの状態だもの。黄色い声援が凄い。何を見ててもあぁいう声は出せない。スケートで神演技見た時にフォオオオは言えるけど。キャアアアは訓練されてない。男子のWCも終わりました。案の定柳田くんにハマっているのでサントリーサンバーズFC入るかもね。フットワークふわふわなので。
やっぱスポーツは生!
スケートファンの友達も男子バレーに堕ちてく子多いわぁ!すぎょい。リーグ行きたい。

昨日、俺たちのeveryで羽生くんと野村萬斎しんの対談がありました。
年齢差は2倍以上ある二人だけど、お互いがお互いを尊敬しているのが伝わってすごく素敵な対談だったな。相手のことを本当に思っているから出てくるアドバイスなんだろうなと。萬斎さん、とんでもない人だ。なんて物腰の柔らかい人だ。これは羽生くんのフィギュア人生でもひとつのターニングポイントになったんじゃないかな、見てる方でもこれだけインスパイアされるものがあるんだもん。ひとつひとつの動きに意味を持たせる。
フィギュアスケートは芸術性を問われる難しいスポーツ。でもその芸術性は確立された技術があってこそ。萬斎さんは羽生くんのそんな部分も見据えて話をしてくれていたんじゃないかな。羽生くんがあんなにキンチョーしてるの見たの初めてかも。

………あれからいろいろありまして、もうこんな日に。また改めます。