読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くるっとちゃきちゃき

一度だって交わることのないこの世界。

一年

いつの間にか一年も経っていた。あの暑い日、何気なく作ったこのブログ。一年か。変わらないなぁ、わたし。

 

…変わったなぁ、わたし。

 

 リオオリンピックが終わりました。終わってみれば、41個、日本史上最多のメダル。快挙ですね。特に体操と卓球、バドミントンはしびれたねー。バレーボールも見ていましたが、ご覧の結果です。先ほど選手全員のコメントを見ましたが、私は望悠さんのコメントがずんと来ました。望悠さんにはメダルをあげたいなぁ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

WCで古賀紗理那選手を見てからも1年、ブログを立ててからも1年。

あの日からも1年。

 

 

たかが1年、されど1年。1年のスピード感って、やっぱり年々早くなっていくもんだなって。まだ1年だから、割と鮮明な記憶も残っているのに、体感としてはずいぶん前に感じるのは、濃密だったからなのか、どうなのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこにいてくれるだけでそれだけで幸せ。

毎日笑顔でいてほしい。苦しみや悲しみなんて全部全部なくなればいい。全部全部私がもらう。

 

こんなこと思っている間は、幸せにしてもらえないし、なれないんだろうな。なんで気持ちって止められないのかな。私が馬鹿で愚かで頭の悪い人間だからです。分かってる。

 

どうしたらいいかなんて、聞かなくてもわかってる。聞いてみても返ってくる答えは同じ。分かってる。何が正しいかって分かってる。

…でも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人を信じることって難しい。

自分が心を開くことで、相手も心を開いてくれるって最近よく思う。 

今はそれが正解なのかももう分からない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

秋の匂いがするようになった。毎年必ずやってくるこの匂いで、始まりを思い出すようになるのだろうか。

最後の夏が終わった。最後の秋が始まって、最後の冬が来て、そして、最後の春が来る。分かってる。分かってるのだから、ちゃんと準備をしたいけれど、出来ないんだろうな。心が弱いから。狡いから。

所詮言い訳です。もう誰か連れ出してほしいよ。

 

 

 

明日はまた、月曜日がやってくる。まだまだ泣いたり、笑ったり、いろんなことを感じる時間はある。美しい思い出にはならないかもしれないけれど、やっぱり大切に刻みたい。忘れたくない。笑ってくれていますように。笑っていられますように。

キラキラ

羽生結弦 オリンピック 浅田真央 アイスショー バレーボール 古賀紗理那 フィギュアスケート 日常

夏です。

aikoのキラキラばかり聞いています。気分で下書きに放置してた記事をあげてみました。

心の掃き溜めみたいにしてしまってる感。不本意。おかしいな。

 

今年もfantasy on iceには計3公演行ってきました。楽しかったです。まさにfantasyな世界です。彼がいなくてもそれは変わりない。でも、彼の気持ちはそこにあるんだと感じるショーでもあったかな。切なくなったり。

鈴木明子さんのブラックスワンに全部持って行かれました。

あとはランビがやっぱりこのショーのキモだなと感じさせられた。好きなんです。

 

あとザアイス行きまーす。楽しみだー。

 

バレーの方は、紗理那ちゃんがリオメンバーに選出されませんでした。OQT、WGPの結果からみたら妥当な選択なんだろうけれど、やっぱり悔しくて悲しい。来る2020年、彼女がこの国で開催される4年に一度の舞台で活躍できることを心から祈ってます。リーグ行きたい!!

オリンピック、もうすぐだね。

男子は悔しいね。東京どうなるんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

過去の自分をこういう形で残しておくと、やっぱり振り返る時は鮮明に蘇ってくる。

こんな気持ちになるなんて。人生ってわからない。わからない。

 顔を見たい。触れたい。話したい。笑い合いたい。
…会いたい。
 
あしたも優しい世界でありますように。
もう少しだけ夢を見させてくれますように。

 

いまこの瞬間、私は幸せで胸がいっぱい。だけど、その分やっぱり怖い。この場所が永遠ではないから。
貴方はほんとうに麻薬みたいなひとだ。
私にはわからないことがたくさんある。その関係を知らないから。知ることができなかったから。 

 

 

 

 

 

 

 

夏髪が頬を切る。また歳を重ねてきっと思い出す。貴方の影、あたしの言葉。

 

aikoの夏歌は深夜向きじゃない。涙が出てきてしまう。

歌のせいなのか、私のせいなのかはわからないけれど。

大切な人の大切になりたい。大切にしたい人を大切にしたい。気持ちだけじゃ何にも上手くいかない世界だから、伝える手段が沢山ある。伝えられなくなる前に、その前に届けたい気持ちを惜しみなく届けたい。今はそんな風に思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分でもちょっと気持ち悪い。笑

浸ってんなーって思われたりするのかな。それでもいいや。間違ってないし。

虜だなぁ。好きなんだよなぁ。

 

 きっと、こうやって考えてるのも私だけなんだろうな。 

 

 

 

 

 

 

 

 

永遠ってなんだろう。

永遠ってどこにあるんだろう。

 

触れたら壊れてしまいそうな関係で、きっと永遠なんてなくて。それでも、それでも永遠を信じたくなる。時間よ、止まって、止まって。お願い。何でもする。何もかも捨てる。だから、どうか…

そんなことすら思ってしまう麻薬。

 

今日も笑ってたかな。幸せでいられてたかな。

明日も貴方にとって良い日になりますように。

幸せでいてくれますように。

もう二度と来ないこの夏を毎日噛み締めて過ごそう。キラキラした夏にしよう。遠くから思い出しても輝いている夏にしよう。

大抵のことは自分の選択で決まる

不満が尽きないのはそう珍しいことではないと思うけれど。

今ここにいるのは、過去の自分の選択の結果であり、殆どが他人に決められたものではない。
それでも、やっぱり不満は出てきてしまう。
私は愚かで欲張りで狡い。
 
 
 
 
貴方の"好き"を信じても良いですか?
結局のところこんな関係で、そんな言葉は繋ぎとめる道具にもなりやしないのだけど。
信じさせてください。
信じさせてもらえないと、今の私では立ち直ることが、前を向くことができない。
 
私は貴方の事が好き。
貴方も私の事が好き。
私はそう思ってる。そう思いたいだけでしょ、と言われればそれまでだけれど。
貴方が私を愛したから、私も貴方を愛してしまったの。
私は馬鹿で愚かで狡いから、貴方を断るなんて選択は勿論なかった。
 
貴方と過ごした時間が増えるたび、私は貴方でいっぱいになってしまう。貴方と会った時に着た洋服を見れば、あの時どう触れてくれたか思い出す。貴方と同じ香りを纏う人と出会った時は、貴方の温もりを思い出す。貴方と2人で聞いた曲が流れてきたら、貴方の愛しい声を思い出す。貴方と話している間は貴方しか見えていないし、貴方以外の人と接している時だって、貴方のことが片時も頭を離れない。今もこうやって貴方を思うと、胸の奥がキュッとして、手先から足先からビリビリと電流が流れるようで。貴方は私をどこまでも狂わせる。
 
貴方に体を触られるのを嫌だと思ったことは一度もなくて、いつも本当に心地が良いの。貴方と体温を共有することは何にも代え難いに幸せで、もうこのまま消えてしまってもいいって冗談抜きに思うの。このまま逃げちゃおっかって言うの、ズルいよ。出来やしないのに。でも私は、貴方に求められることは何でもしたい。貴方が私を求めてくれるなら応じたい。
 
帰る場所が一緒だったらいいなと思う。
毎日、朝目覚めて隣に貴方がいて、おはようが言えたらいいのになと思う。
毎日、貴方にいってらっしゃいとただいまが言えたらいいのになと思う。
毎日、おやすみなさいって顔を見て言って、貴方の腕の中で眠りたいと思う。
いつでも隣にいたいと思う。
…貴方の最期の人でありたいと思う。
 
 
 
 
 
叶わないことを願ってしまうのは切ない。ふと願ってしまったときに、あぁ、叶わないなぁと思ってしまった瞬間は本当に苦しい。
それを叶えてもらえる人と結ばれたいと思うけれど、貴方だから願うんだよなぁという、どうしようもない矛盾。
 
 
切ないなんて感情はきっと今まで知らなかったんだと思う。胸が苦しくてしょうがないね!
何よりも愛しくて愛しくて、…愛しくて。
好きです。
…伝えたいなぁ。
私の貴方への気持ちは、貴方にとって重荷になるかもしれないから、なかなか声に出して言えません。でも、貴方は思ってるか思ってないかは別として、沢山の好きをくれます。嬉しくて、嬉しくて、もう何も要らないやと思えるその言葉を沢山くれます。
優しいんだか、残酷なんだか。
残酷でしかないはずなのに、甘美すぎて感覚が麻痺してる。
 
貴方は時々、私の名前を呼びながら潰れるほど強く抱きしめてくれます。嬉しくて、切なくて。このまま窒息してしまえたらな、なんて思ってみたりもして。だから私も力一杯抱き締めるんです。言葉で伝わらない、伝えてはいけないこの気持ちが伝わっちゃえばいいな、って思いを込めながら。
 
9割9分で辛い恋にしかならないと思う。でも、それでも、何度だって貴方に出会いたい。貴方に関われる人生を何度だって歩みたい。貴方と結ばれなくたって、それでもやっぱり、どうしても貴方に何度だって出会いたい。こんなに苦しくてこんなに悲しくて、何でこんなに馬鹿で愚かなんだろうって思う。でも貴方を好きになれたことが嬉しくて嬉しくて幸せでいっぱいです。馬鹿でしょう。愚かでしょう。それなのに、1分諦めてないんだと思うと、やっぱり根本的に私は狡い人間なんだと思ってしまうね。
ごめんね。
 
貴方に幸せでいてほしい。貴方が辛いと思うこの世は要らないし、私が貴方の辛いこと全部代わってあげたいし、それが出来ないなら苦しみや悲しみを癒せる存在でありたいと思う。貴方の全てを受け止めたいんです。
エゴでしかないけれど。
貴方が私を切り離すことが幸せならそれで良いの。それが1番大事なの。
 
今日も、やっぱり叶わない願いが増えてしまったなぁ。消えることはなくて、増えていくだけ。比例して悲しみや虚しさも増えていくのかもしれない。でも、誰かをこんなにも愛せたって本当は大声で自慢したい。私の愛した人はこんなにも素敵なんだよって、自慢したい。
 
俺はもう君のものだよ、貴方は言う。貴方には一生届かないと私は言う。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
人生は選択で出来ている。
起きる?起きない?何食べる?何を着る?から始まり、
寝ようか?起きていようか?明日の準備をしようか?貴方に電話をしようか?寝ちゃおうか。
そんなことまで。
些細なことに限らず、選択をしなくてはならない時は来る、必ず。私は愚かで狡いから、自分が傷つかなくてよい方向へよい方向へと進んで行くんだろう。
今日もこうして終わっていく。貴方を想い眠っていく。会いたいな、と思いを馳せながら。
この恋にはタイムリミットがある。時間は決まってる。愛される幸せを、喜びを感じながらその時を迎えたいと思うけれど、今のままで耐えられるだろうか。
 
あの夜を覚えているかな。寒い寒い冬の日、満天の星空の中、抱き合ってキスをしたあの夜。私は流れ星を見た。貴方と結ばれますようになんて願ってみたけれど、…届いただろうか。

迎合せずただマイペース

今言える今ならば言える。撒いてた種たち咲いてく。
櫻井翔さんのハイスペックさとそのギャップにキュンとするのはある程度年を重ねてからじゃないと分からないと思う。
櫻井翔さん好きです。






四大陸選手権が終わりました。
知子は凄いね。ノーミスの中にも進化が感じられるのは凄いね。
SP firedanceは何もかもが大好きなプログラムだけれど、まだFSに色々見出せないのは…私が汚れてるから悪いのかな??
佳菜子もSPロクサーヌが素晴らしかったです。全日本現地で見たときももう涙が止まらなくてスタオベ投げ込みしたくらいだったけれど、PBとは!FSはここ2シーズンなかなか安定しないね。佳菜子のスケートが大好きだから、また見たい。今季はこれで終わりなのかなぁ…
理華様はキダムもリバダンも良かったけど惜しかったね。めずらしい。見るたびに細くなっている気がするのは気のせいなのか…。リバダン、最初のミスに引きずられなかったのは本当に偉い。2年連続メダルおめでとう!

男子はもうパトリックに全部全部持ってかれた。素晴らしかったね。ありがとう。
ワールド楽しみすぎる。
ゆづと昌磨はまず自分たちの全力を出せたのであれば枠に関しては心配してない。
何はともあれ良い練習が出来ていますように!

アイスショー申し込みシーズンが来ました。今年はガチで絞ります。
楽しみで、楽しみです。
ヘルシンキ行きたいなぁ。











わたしは何をしているのだろう?よくわからなくなってしまうね。
どこへ行くのだろう?
なにが欲しいのだろう。

世界選手権楽しみです。

日曜日

フィギュアスケート 雑感 日常

捉えようによっては、1週間の終わり。

捉えようによっては、1週間のはじまり。
正式には後者なのかな。
私は前者のイメージだけれど。
日曜日まででこの1週間を清算しきって、月曜から新しく頑張ろうっていつも思う。
 
特に予定もない日曜の昼下がり、誰もいない居間でカーテンの隙間から差し込む光を浴びながら、ただひたすらにボーッとしているだけの時間は幸せなんだけど、切なくて。
隣に想う人がいたらなと思ってしまうから。
 
 
 
 
2月です。
ユーロも全米も全加ももちろん追えていないけれど、たまたま見れた全米女子フリー。
久々に、久々に、胸の奥がジワジワと熱くなって、鳥肌が止まらなくて、そんな演技が見られました。
文字通り神演技。素晴らしかった。何度でも何度でも見たい。これだからフィギュアスケートやめられないんだよな。
ポリーナちゃんの風とともに去りぬもノーミスで素晴らしい演技で、これは初優勝くるなって思ってた方も沢山いたのに。
グレイシーちゃんは世界が違った。
いつも思うのだけれど、彼女が氷の上に立った瞬間、そこはブロードウェイの舞台のような錯覚に陥るんだよね。
そのくらい華々しくて美しい。
アメリカ女子が大好きです。
あとは友達が死ぬほど押してるMaia/AlexのFDも見た。言葉にならないくらい気持ちが良かった。初優勝おめでとう!
頼むから今年はザアイスに来てください。
Chock/Evanも大好きなので複雑ではあるんだけどね!
ダンスは見てて気持ちが良すぎるんです。
痩せたくなる。腹筋しよっと。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こたつは闇だ。
こたつは沼だ。
出られる気しません。
ずっと一緒にいたい。
片時も離れたくない。
もっと奥まで入りたい。
こたつとひとつになりたい。
 
…スミマセン。笑
 

羽生結弦 雑感 日常
中学生の頃よく聞いていた、柴田淳さんの夢という曲。単純に嵐の二宮くんがライブで歌っていたから。そんな理由で原曲も聞いていた。なんて切ない歌だと思ってはいたけど、この年、この状況になって聞いてみて、あまりに理解出来すぎて涙が止まりやしない。
大人になりました。退化。

何から書けばいいやら。
大好きなスケーターの活躍を見られることは本当に幸せで、なるべくたくさん応援したいと思うの、心から。
私は羽生結弦というスケーターがとても好きで、彼の生きる姿勢がとても好きで。数々の栄光と名誉を手にしてもなお、進化を止めようとしないところが堪らなく好きで。
日本中が彼を知るようになってから、彼を応援したいと思う人が増えてから、彼を直接現地で応援することすら難しい場面も出てくるようになった。あの頃のようにホッコリ応援、なんてのは到底遠い。
彼を応援しているというそのスタンスが変わることはありません。でも、距離感を考えてみたいなと思う冬の朝。











時の流れは案外早い。
今の私にとって、凄くこの世は生き辛い。
こんなに辛くて悲しい。でも、それでも。あと何度生まれ変わったって、私はあなたと出会いたい。どうしても。
誰も傷つけずに幸せになることって出来るのかな。

いつでもそうなんだどっかで誰か泣いていて、その隣の部屋では誰か笑っていて。

愚かな人間です。

私以外の私

世間で話題沸騰。ゲスの極み乙女さん。私以外私じゃないの。当たり前だけどね。
私以外私じゃないけれど、私以外の私も私なんだよね。
そういうこと。

新年明けましておめでとうございます!
来てしまいました2016。
今年はちゃんとする。ちゃんとする。
年末はホッカイドーマコマナイ行ってきましたよ!とっても楽しい旅になりました。
真央さんのことを考えると、ちょっぴり胸が痛むけれど。
ゆづるくんもきつそうだったけど。
地元の子たちの活躍が嬉しくて。
あ、えぬはいも行ってましたよ、土曜。







 



更新出来なかった理由、単純に時間がなかったというのが正しいんだろうけど。
時間って、本当に過ごし方次第なんだね。
もうこんなところまで来てしまった。
全然戻れるところじゃないよ。悪いのは自分。甘い蜜舐めるだけ舐めた後の苦しさにいつか耐えられなくなる時が来る。今もきつい時期だけど、こんなの全然で。
その時が終わるとき。わたしの人生の1つの節目となるとき。
笑顔でいられないと分かってる。そういうことだってわかってる。それでも、それでも欲に逆らえなくて、お互い。
周りからしたら本当に無駄な時間かもしれない。人生で輝いてるであろうこの年のこの時間をね。分かってる。自分でもそう思う。でも、でも今はこれが幸せなの。酸いも甘いも全部含めて。だからどうか神様許してください。天罰なら後で受けます。だから今だけは。